前へ
次へ

最近よく選ばれている新しいお葬式スタイル

かつてのお葬式というと、家族や親戚はもちろんのこと、会社関係者やご近所の方などが大勢集まって行われるのが普通でした。
しかし最近では、参列者が少人数だったりシンプルだったりするお葬式スタイルを選ぶ方が増えています。
まず少人数スタイルとしては家族葬があり、家族や親戚などのごく親しい方たちだけに参列者を限定して行うスタイルとして知られています。
家族葬のメリットは、身内だけでお葬式が行えるため参列者の対応に追われることなくゆったりとした気分で故人を偲ぶことができることだと言えるでしょう。
一方のシンプルなお葬式のスタイルには一日葬と呼ばれるものがあります。
一日葬は、普通なら通夜と告別式を二日間かけて行われるところを、通夜を省略することで一日に短縮して行うというスタイルであり、遺族の疲労を軽減できるというメリットがあると言えるでしょう。
また最もシンプルなスタイルとしては、火葬だけを行う火葬式と呼ばれるものがあり、格安の費用で出来るというメリットがあります。

Page Top