前へ
次へ

従来型の一般葬を選ぶメリットとは

近頃は、家族葬などの少人数の葬儀スタイルを選ぶ方が増えていると言われていますが、従来の大人数による葬儀スタイルにも当然メリットがあります。
従来型の大人数による葬儀は「一般葬」と呼ばれており、多い時は参列者が100名を超える大規模なものになるため、さまざまな葬儀スタイルの中で最も費用がかかるスタイルだと言えるでしょう。
しかしメリットとしては、やはり、豪華で立派な葬儀ができるということが一番に挙げられます。
多少費用が高くても、お葬式だけはしっかりしたものにしておきたいという方は今でも多いのではないでしょうか。
その他のメリットとしては、葬儀の場で一度に多くの方にご挨拶が出来るということが挙げられます。
家族葬のような少人数スタイルの場合だと、後になって自宅へ弔問に訪れる方が出てくるケースが少なくありません。
しかし一般葬であればそうした心配はありませんし、特に故人が人付き合いの多い方だった場合などに向いている葬儀スタイルだと言えるでしょう。

Page Top