前へ
次へ

お葬式の時には世話役を依頼しましょう

葬儀・告別式は、短い時間でスムーズに執り行わなければなりませんので、喪主と遺族だけで進行していくのは困難です。
そこで、喪主・遺族に代わって働いてもらえる世話役が必要になります。
世話役には、近親者のほか、親しい友人、町内会や勤務先の方で、人生経験が豊かな人が適しています。
また、世話人は一人とは限らず、葬儀の規模によっては複数の世話人をお願いすることもあります。
複数の世話人をお願いした時は、その中で、一番経験が豊かで、統率力、行動力がある方に世話人代表をお願いしましょう。
世話人代表は葬儀委員長になります。
世話人、世話人代表を依頼する時は、遺族でよく相談し、決まったら喪主が遺族を代表して依頼しますが、失礼のないよう丁寧にお願いしましょう。
引き受けてもらったら、葬儀・告別式についての具体的な進行方法を伝えます。
そして、実際の葬儀・告別式の時には、住所録や葬儀費用のお金など、必要なものはすべて預けます。
世話人代表には、変に気兼ねをしないで、すべてを任せることが大切です。

みんなが通っている人気のサロン
みんなが通っている理由は美容効果が高いから

配管って定期的にメンテナンスした方がいいの?
定期的にメンテナスしないと実は壊れていることも・・・

和み月で心休まるひと時

茨城県の企業様・お店のSEO対策なら株式会社ジマンニへ

当社は専門家からも認められるほど高い技術力を持っています

Page Top