前へ
次へ

お葬式に参列するときの喪服のマナー

葬儀・告別式に参列する場合、通常は黒の服装を選びますが、葬式の場にふさわしくないようなきらびやかな服装でなければ、華やかさを押さえた地味な服装でもかまいません。
ただし、黒い服装であっても、派手なデザインのものや、光沢のある素材は避けましょう。
男性の喪服は、遺族は和装なら黒羽二重の染め抜き五つ紋付羽織に袴、洋装ならモーニングコートに縞のスラックス、黒無地のネクタイになります。
喪章は、弔問客と区別するため、遺族だけがつけます。
弔問客は、黒のスーツに黒無地のネクタイが一般的です。
女性の喪服は、遺族は和装なら染め抜き五つ紋付の黒無地、洋装なら黒のスーツかワンピース。
黒のストッキングを履きますが、黒でもレースの模様が浮き出しているように派手なものは避けます。
弔問客は、黒、紺などの地味な色のスーツかワンピースが一般的です。
バックや靴などは、エナメルの光沢があるようなものや、貴金属の装飾が派手に施されたものは避けます。
アクセサリーも控え、お化粧も派手なアイシャドウやマニキュアは避けて、自然な薄化粧にしましょう。

Page Top