前へ
次へ

家族葬を選ぶメリットと注意点について

従来のお葬式は、大勢の参列者が集まって行うものでしたが、最近では少人数スタイルで知られる家族葬を選ぶ方が増えています。
家族葬には明確な定義はありませんが、家族や親族、そしてごく親しい付き合いのある友人・知人といった方たちに参列者を限定した、比較的少人数の葬儀を指してる場合が多いと言えるでしょう。
参列者として呼ぶ範囲に関しては、家族だけの数名という場合から、親族や知人・友人を含めた30名程度までと幅がありますし、どの範囲まで呼ぶかを自由に決められるという特徴があります。
家族葬を選ぶメリットとしては、身内や親しい人たちだけの葬儀になるため、気疲れしないで済むことや、少人数なので費用も比較的安く抑えられるということが挙げられるでしょう。
ただし注意点としては、参列者を限定するため、葬儀後に自宅へ弔問に訪れる方が出てくるケースが案外多いことや、新しいスタイルの葬儀なので周囲の理解が得られない場合があるということが挙げられます。

Page Top