前へ
次へ

お葬式を手伝っていただく方の役割分担

お葬式や告別式は、喪主と遺族だけで進行していくのは不可能です。
そこで、近親者や親しい友人、町内会や勤務先の方にお手伝いをお願いすることになります。
まず、一番重要なのは、喪主・遺族に代わって働いてもらう葬儀委員長(世話人代表)と、葬儀委員長の下で働いてもらう世話人を選びます。
その他、手伝っていただく方の役割としては、葬儀委員長が遺族から預かった費用を管理し、葬儀に関するすべての出納を行う会計係が必要になります。
会計係は、会計簿を作成し、葬儀費用、飲食費、寺社への支払いなどの支出や、香典などの収入などをもれなく記載します。
記載の時は、必ず香典袋に書かれた金額と中身を照合します。
それから、弔問客の受付と案内、香典、供物の受入れをする受付係が必要です。
また、通夜の飲食物、お茶菓子、お弁当などの食料品を準備する勝手係や、弔電の受付や筆記用具、はさみ、のりなどの文具を管理する文書係も必要になります。
その他、葬儀・告別式の規模や形式により、案内係、進行係、会場係、駐車係、下足係、雑務係なども分担してお願いします。
人の出入りが多い葬儀・告別式でしたら、係名を明記した腕章があると、弔問客にもわかりやすく、混乱をさける事ができます。
葬儀社によっては、腕章を用意している場合もありますので、事前によく葬儀社と相談しましょう。

Page Top