前へ
次へ

お葬式のときのお悔やみの言葉は、何て言えば良いの

お葬式のとき、一番戸惑ってしまうのが、「お悔やみの言葉」です。
悲しんでいる遺族の前では、普段と勝手が違い、口ごもってしまいがちですが、お悔やみの言葉は、遺族への思いやりと慰めの気持ちを忘れなければ大丈夫です。
派手に悲しんでみせるのは不自然で、遺族も良い感情を持ちません。
逆に、戸惑って意味のない笑顔になってしまうのも慎みましょう。
具体的なお悔やみの言葉はとしては、長患いをしていた場合は、「このたびはご愁傷様でございます。
さぞお力落としの事でしょうが、どうかご看病のお疲れが一度に出ませんように。
」急病だった場合は、「あまりにも突然な事で、何と申し上げてよいかわかりません。
心からお悔やみを申し上げます。
」事故にあった場合は、「思いがけないご不幸で、さぞお嘆きの事と存じます。
どうかお力落としのございませんように。
私にできます事がございましたら、何なりとお申しつけください。
」老衰の場合は、「天寿をまっとうされたうえでの事とは存じますが、ご看病のかいもなく、本当に残念な事でございます。
心からお悔やみを申しあげます。
」 などの言葉を、心の底から遺族に伝えるのが良いでしょう。

Page Top